何年振りかの孵化

我が家のカメインコさんが、3羽の雛を育児中です。

ええ、もうこの時期にです。このくっそ暑いさなかにです。

巣箱?なにそれおいしいの状態です。

ここ3年以上巣箱をゲージに入れてません。

んなのに何を思ったか7月中旬にゲージ内の床のど真ん中に産卵。

 

流石にそのままに出来ないのでハガキの2倍位ぐらいで

高さ4センチぐらいの箱に新聞を敷いてそこに卵をイン。

これ、孵化させる気0だったんで卵が転がらないようにしただけ。

ってか完全に無精卵だとヾ(´∀`;)A

オスが今年11月で11歳になろうかと言うインコさんだし、

いくら若いって言ってもメスも3歳ぐらいだし・・・・

産卵だけでも予想外だったのに有精卵だって思う訳がない。

 

そして抱卵は半分以上遊んでて卵は箱の中で転がってる。

当然ダメになる卵たち。

色が変わってどす黒くなった卵5個ぐらい捨てましたよ。

軽くなってるやつね。

 

メスは卵が減ると追加するよ~~~って感じで産卵。

7月下旬に5個の卵を確認した時にきりがないので

このまま気が済むまで抱卵させようって事に。

どうせ孵化しないしそのうち諦めるだろうからって事で。

んで抱卵場所が、上記の箱なわけです。

 

抱卵中目が合うんで落ち着かないだろうと

一応段ボールの小さい箱に最初の箱をインして

横に入口作って巣箱もどき作成。暑いんで密封は過酷かなと。

やはり暑かったみたいでオスがせっせとリフォームしてくれやがって

2日後には段ボール箱きれいに半分に。

そしてメスも意に介せずとそのまま抱卵してました。

 

ただし、本当に必死って感じじゃなくて・・・・

そのまま8月20日になり、流石にこれ以上は、

無精卵の抱卵は衛生上よくないかなと言う事で、

21日に卵の廃棄を決定。

 

そうしたら21日の朝に雛が孵化してました。

もうね、びっくりですよ。

無精卵だとばっかり思ってたんで。

以前に別のメスが産卵した時は無精卵だったんです。

ペアのオスがいて交尾も確認してたんですけどね。

んだもんで今回はオスの年齢が多いので

これは無理だと思ってたんです。

 

ええ、その後2羽孵化して只今3羽。

残りの卵は1個腐敗、1個雛が出られずそのまま落鳥。

最初の子と最後の子が3倍大きさが違うけど

しっかり3羽とも餌もらってます。

父親のオスは前妻さんと雛を育てた経験があるので

上手に分け隔てなく餌与えてました。

母親のメスはへたっぴですけど頑張ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください