腱外れ

以前書いたと思うけどインコの雛3羽は結局差し餌で育てる事に。

と言うのも、母鳥が雛に執拗な攻撃を仕掛けて、

3羽とも内出血だらけになり、満足に動けないのに

母鳥を見ると恐怖で威嚇&もがきながら逃げ回る雛たちを見て、

これは放っておけないと言う事で取り上げたからです。

 

父鳥はせっせと給餌して、問題行動はしないのですが

給餌するだけで温めてくれない。

今からの季節、これでは雛は落鳥まで一直線。

最初の子は人間が育てられるぎりぎりの大きさ。

その下2羽は小さくて不安しかない。

 

さて、親から離したのは今日の夕方。

2番目の子がゲージの隅っこで震えており、

3番目の子が1番目の子の羽の下で怯えてて

1番目の子はおとなしくしてる。

 

と言う風に見えたんだけど、実は1番目の子

餌ももらえず執拗に攻撃されて、

体力消耗して逃げられずぐったりしてただけなんです。

大急ぎで取り出したら体は冷えてて、弱弱しく

羽(羽毛はそろってない)をばたばたさせるだけ。
鳴きもしなくて、もう駄目かと。

 

とにかくフゴはあるんでそこにティッシュしいて

カイロ入れて2番目3番目の子を入れ、

1番目の子は応急処置で乾いたタオルの上から熱々タオルで保温。

2・3分で弱々しく鳴いたので取り敢えず差し餌。

 

少しだけ食べてくれたのですが何か様子が変なんです。

おなかすいてるはずなのに食べられないみたいな。

もう駄目ですって言うような危篤状態みたいな????

 

これはとりあえず水分だけでもと抱え直すのに

テーブルへ置いた時に違和感があった。

足は動くのですが向きがあれ??って状態。

ちょうどペンギンが腹ばいになっている時の足みたいに

後ろ側に出てて立てないんですよ。

朝は普通に立ってたのに・・・・・・

 

はい、即行で病院へ行きました。

結果は腱外れでした。

 

原因は圧迫されたか強く引っ張られたかだそうです。

膝関節のところ赤黒く内出血してました。

治療にはテーピングで固定すると良いそうなんですが

そうすると足先に障害が出るのでお勧めしないとの事。

このまま様子見てくださいって言われて見たら

足の向きは戻ってて180度開脚~~みたいな。

それも、数秒したら収まって普通に立ってました。

 

この間、ピギャーって雛が鳴いてたですけど、

先生何してるんですかぁ!!!

と思ったら整復してくれてたんですね。

 

取り敢えず再圧迫による再発防止のため1羽のみ別所帯。

残り2羽も背中一面内出血してて、

生えたばかりの羽も所々毟られてました。

 

母鳥、育児ノイローゼなのかな?

真夜中でも餌ねだる声聞こえるしそして餌もらってるし、

睡眠不足かどうか日中居眠りしてたんですよね。

夜中雛を温めるのは母鳥のみ父鳥は温めない。

当然餌も夜中は父鳥は無視。

 

それで、夜に差し餌したら、1番目の子、食べる食べる。

ガツガツバクバク・・・ちょっと安心しました。

2・3番目も何度かトライしてたら上手に食べてくれました。

餌は何とかなるんですが問題は気温の調節。

暑すぎても寒くても良くないので調節が大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください