甘えん坊達

3羽の雛たち順調に育ってます。

1番目の子はノーマルグレーの子で遺伝的にオス確定です。

9月21日で孵化後1ケ月になります。

殆ど羽が生え揃ったんですが、パゲですヾ(´∀`;)A

母鳥に毟られて頭の羽が殆どありません。

冠羽もようやく2.3ミリのが見え出したくらい。

 

腱外れは落ち着いた模様で、普通に歩けて指に止まれます。

一番虐待されてた子で非常に甘えん坊。

膝の上と掌の上が大のお気に入りポイント。

いそいそと近づいて乗りたがります。

さし餌は一口食べて2.3分休憩してそこから本番みたいな食べ方をします。

最近はあまり食べなくて、ぼちぼち乾いた粟玉を拾っています。

まだ、さし餌は欲しがりますが甘えの方が大きいかな。

名前はヨモギ・・・・娘(35歳)が命名。

2番目の子はルチノーの子で遺伝的にまだ性別が不明です。

9月23日で1か月になりますが、まだ羽は8割ぐらい。

 

背中の羽が毟られたのでそこだけ遅れて生えてきている所。

この子は大人しいと言うか何と言うかヾ(´∀`;)A

自己主張はしますが、激しくはないです。

まだ、さし餌が主流ですが上の子につられて粟玉を拾ったりしてます。

人間は大好きみたいで、膝の上は落ち着くようです。

名前はアンコ・・・・同じく娘がry

 

3番目の子もノーマルグレーで遺伝的にオス確定です。

9月25日で1か月です。産毛がまだ残ってます。

救出した時にはほとんど羽も生えておらず、やっと目が開いた所。

さし餌を食べるのが下手で、どうなるかとヤキモキしました。

今や一番ガッついて一番食べます。

賢い子で、カップに餌が入ってる事を覚えてて、カップへ走ってきます。

まだまだ、さし餌が必要なので、しっかり食べてもらわないとです。

甘え方としては、一言

 

餌寄越せ~~~~!!!!!

 

です。ヾ(´∀`;)A

名前はツグミorツブアン・・・・・娘と息子で呼び方が違うので統一してほしい。

後どれだけ甘えてくれるやら、早く大きくなってほしいやら甘えててほしいやら。

 

さて、この子たちの親は、お父さん鳥は見た目はノーマルグレーですが、

シナモンパールとルチノーのスプリットです。残念ながらホワイトフェイスは

受け継いでいないようです。

母さん鳥はルチノーで、それ以外の情報がないのですが、

この子の両親がルチノーらしいので

持っているとすればホワイトフェイスとか、イエローフエイスぐらいですか。

確率的にほぼないでしょうけど。

=====豆知識=====

オカメインコの羽の色は、常染色体と性染色体に遺伝子があり

優性遺伝と劣性遺伝があります。

持っている色素は黒色と黄色の2種類なので、青色とか紫とかは出ません。

 

更にオカメインコの性染色体は人間と逆でオスがzz メスがzxになります。

そして、両親から1個ずつ染色体を受け取ります。

x染色体はメスを確定しますが遺伝子は乗りません。

 

シナモン、ルチノー、パールは性染色体の劣性遺伝です。

オスに出現するには両方の性染色体zに同じ遺伝子シナモンならシナモン

ルチノーならルチノーがないと出現しません。

 

基本的にシナモンとかルチノーとか異なる遺伝子が乗るz同士だと

オスになるのはノーマルグレーだけです。

メスはx染色体がないとメスにならず、この染色体には遺伝子は乗りません。

シナモンとかルチノーはz染色体が1個でも、もう1個がx染色体なので出現します。

 

両親がノーマルグレーなのにルチノーとかシナモンとかパールとか出たら

それはオスがその遺伝子を持っている事になり、出た子はすべてメスになります。

*我が家のルチノーパールのメスは、オスがルチノーとシナモンパールの

スプリットで、メスがルチノーの間に誕生。

パール部分がルチノーと一緒に遺伝した【突然変異】でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください