第一工程で力尽きた

色止め作業だけで力尽きた。

昨日生地が云々言ってたけど、マジでどうしようみたいな?

綿100%なので、アイロンも大丈夫なんだけど、

洗って色止めしたらWガーゼ風になったヾ(´∀`;)A

うん、と~~っても柔らかい(・・?

 

って、なんじゃこりゃヾ(`□´メ)ゞ

 

黒と青が、ガーゼ風になって、紫は、目が詰まった様になって

ちょっと、日本手ぬぐいを脱した。

赤は・・・縮緬だったんだけど、見事に普通の生地に。

お店で加工は一時的なもので洗うと落ちると書いてあったんで、

まぁそうなるわなと。

 

逆に金襴の紅白の縮緬は本物の加工だったんで、

見事に縮んだΣ( ̄ロ ̄lll)

ゴワゴワで1/2ぐらいに縮んで戻すのが大変でした。

で、帯用の金襴は一番最初の生地以外は綿100%なので、

がっつりアイロンがけ出来た。

最初の一枚が化繊ものだったので、当て布が必要で

四苦八苦した。

 

後、裏地用の生地は薄地のシーチングで

透け感があるって言う事だったけど、

届いたのはブロードと言うかしっかりした

生地で裏地じゃないよ~~みたいなヾ(´∀`;)A

まぁ、黒と青がガーゼ風なのでいいかな。

金襴の打掛には生地が厚くて無理っぽい。

 

と言う事で、別口で裏地買いに行きました。

黒帯用の裏地も購入。

そこにハードメッシュあったんで購入。

アマゾンで頼んだの違ってた°( ゜´д`゜ )°。

色も水色だし、用途が違ったらしくどうにもならない。

柔らかくもならないんで、どうしようかと。

 

も、ひとつクローバーのミニ小手も。

アマゾンさんで発注しようと思ってたんだけど

待ちきれずに倍値で買ってしまった。

 

着物仕立てる前に、洗った生地干したり、アイロン掛けたり

掃除したりして、あれこれしてたら、そこで力尽きた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください