トルソーカスタマイズ

どうにも使えない上についに破損した。

何もしなくても支柱がない右に傾くと思ったら、

支柱を支えてる台座の部分がグラグラしてた。

そしてトルソーに突き刺さってるであろう支柱部分も。

うん、この状態じゃ役に立たない。

で、台座の方見たら止めてある接着剤が何か変。

あれ?って確かめたら、辛うじて支柱にくっついてるだけ。

台座には固定されていなくて、支柱が下に落ち込んでた。

 

そして、ポロっと接着剤が取れてしまった。

取り敢えず、グールガンで台座と固定した・・・筈が、

台座の素材の所為かくっつかない。

どう頑張ってもグールガンは全く役に立たず。

そこで、UVレジン液で固める手段に出たが、

今度は支柱までもくっつかない。

トルソー部分も固定できずどうにもならなくなったので、

一気にカスタマイズする事に。

 

先ず、分解してみた。

トルソーの中身と外側の布部分と支柱と台座に分けてみた。

判った事は、トルソーに入れ込む部分が圧倒的に短い事。

1マスは1cm、先端部分は2.2cmしかない。

この部分しかトルソー内に埋め込まれていなかった。

支柱は留め具ごと台座の穴に差し込んで、接着剤で留めてるだけな事。

トルソーはウレタンを型抜きしてあるだけで芯がない事。

 

そこで、トルソーの中に入れ込む部分を長くして、

支柱を安定させて、ついでにトルソーに芯を入れられたらと、

先ず竹ひごをトルソーに入れて長さを見て

支柱の先端の部分にその竹ひごを括り付けてトルソーにイン。

本当はワイヤーとか番線とかの金属類使いたかったんだけど、

柔らかいか、番線カッターで切れないぐらい固いかの二択で

使えそうな(管理人が)ものがなく竹ひごにした。

これで、トルソーの不安定さは解決。

 

台座と支柱の接着はどう頑張っても両面テープが支柱に

辛うじてくっつく程度なので支柱にワッシャーを入れ、

それ以上下に下がらないようにして差し込む。

ただ、このままだと、接着されてないので

持ち上げたら支柱が台座がら外れる。

そして穴と支柱に微妙に隙間があり、グラグラしてる。

ので、台座の下部分の支柱を両面テープでぐるぐる巻きに。

後は強引に隙間に両面テープを押し込んで終了。

これで、グラグラやトルソーの傾きは解消出来た。

 

2018年12月5日追記

別口で蝶ナットを2種類のサイズで購入していたものが

流用で来たので、さらにカスタマイズした。

両面テープを外し、代わりに蝶ナットを締めて固定。

これで不用意に持ち上げても台座が落ちる事はなくなった。

 

カスタマイズして何とかトルソーの役目を果たせそうです。

ってか、びっくりするぐらい適当?な創りって、どうなの。

まぁ、お値段がお値段なのでこんなものなのかな。

せめてトルソー内に芯になるものを入れておかないと、

重いコートとか作る時に役に立たないと思う。

 

ちなみに、つい最近まで人間用のトルソーが我が家にはありました。

母と叔母が洋裁関係者なのでヾ(´∀`;)A

譲ってもらったものですが、自分のスーツとか作る時に使いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください