ひっつき虫とアイパテ

色々あってアイパテ購入したので比較した。

お迎え前にと、アイパテ探してたんだけど、

どう言う訳かどこも売り切れで仕方なくひっつき虫を購入。

我が家にお迎えした順番の関係で

ひっつき虫は新アビちゃんで最初に使用する事になった。

良い感じでどこも不安とか不具合とかなくて、

これでいいんじゃない?状態だったんですよね。

 

ですが、ヘッドだけの子をメイク→洗浄→メイク→洗浄

って繰り返したらひっつき虫がヘッドより手に着くようになって、

粘土用のツールで押さえたら逆にそれに着いたりとしだして、

アイの位置がうまく決まらなくなり、これは困ったとヾ(´∀`;)A

探しに探したら、あるにはあるけど送料の方が高いのばかりで

やっと国内でお手ごろ価格でアイパテを見つけて購入できました。

で、使用感とか比べてみた。

先ずは見た目から

同じぐらいの大きさで、ある程度練った後です。

色味は似たような感じでアイパテがやや白っぽい。

手触りはひっつき虫はぺたぺたくっつくが

アイパテは【眼泥】と言うだけあり粘土に近い。

で、千切ったらどうなるかと言うと

うん、ひっつき虫は伸びてなかなか千切れない。

アイパテはあっさり千切れる。

え~~~と、チーズで言ったら、

ひっつき虫は焼いた後のとろけるチーズ

アイパテは、6Pのチーズを押しつぶしたような。

 

で、肝心の使い心地はと言うと、ほぼ変化なし。

アイパテもくっつきにくく、油断すると押し付けてる最中に

ポロっと落ちてくる感じ。

ただ、ペタペタ手に着かないだけ使いやすいかなと。

ちなみに、新アビちゃんはひっつき虫で十分間に合うので

そのまま交換してない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください