イミフ?な用語とシステム

そろそろ本格的な確定申告の時期。

我が家は青色申告で、昔は一応複式簿記にしてた。

貸借対照表も損益計算書も作ってた。

伝票もいちいち手書きで・・・・・・

それも自宅警備&専業従事者の時の話。

 

今は別のトコで給与所得者で働いていて

自宅で自分の書類を作るだけでも手一杯。

歳と持病とで体力も気力も激減してて

集中力もなく疲れてて伝票とか記入してる余裕なんてない。

しかし我が家で簿記出来るのと言うか、

多少なりとも知識があるのは自分だけ。

投げ出したら200%無申告になる。

 

で、今年はオンライン使って早めに始動するかと

確定申告用のクラウドの無料版を2種類使ってみた。

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・???!!!!????

 

うん、イミフな用語と税金のシステムと、使用してるソフトの

システムとで非常に頭痛が痛い(敢えてそう言う)状態。

入力は自動で整理されるので月別とか気にしなくていいんだけど、

勘定項目が、必要ないものが多く、必要なものがなく、

記帳するみたいに書き出したものが一気に確認出来ないので

専業従事とかの預かり金もどうなってるのか状態。

 

今年は領収書がほぼない状態(主人から来ていない)なので、

必要経費を証明するものがなく、丸っと収入になったら

目も当てられない。

 

ちなみに、息子は専業従事者になるので、源泉徴収の対象者。

以前の自分は税金がかからない所得設定で専業従事してたんで

年末調整とか、ホンっっっとイミフなのよ。

なにあの訳分らん計算方法。

まぁ、いいか、目の前の箱で出来る事は箱に任せましょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください