謎の物体を改造

取り敢えず使い物になるように改造。

あの物体は長襦袢の内側に縫い付ける襟だと思われる。

しかし長襦袢に縫い付けてもいいけど、あれじゃ意味ないし。

第一、長襦袢が奇麗なので縫い付けたくない。

と言う事で、本体を改造しました。

 

先ず、後ろ襟の中心部分を解くと言うか開いて、

そこに幅3cm、長さ15cmぐらいの布を縫い付けてアイロンで折り皺を伸ばす。

で、Cynthiaに合わせて襟を抜き、縫いつけた布の腰の部分に紐を縫い付ける。

紐は無駄に長いのが左右の襟先に付いていたので再利用。

え~と「干」と言う字みたいなのを作った訳。

着せ付ける時は補正後に、この襟の腰の部分を先に固定。

襟を整えて長襦袢の襟を合わせて着せ付け。

本当は長襦袢でこれしたいのよ、胸元すっきりするから。

 

他にも長襦袢あるけど、既に腰ひもが縫い付けてあり、

腰の部分で紐を結べば襟の抜き加減が決まる仕組み。

人間用の襟芯1本おろして使用してるけどちょっと厚いかな。

硬さはいい感じなんだけどね。

さて、懐剣と筥迫は真っ白じゃ浮いちゃうんで

いい感じのオフホワイト生地探さないとです。

 

余談だけど、改造中に針でグサッとやってしまい、

生地を汚したので洗ってアイロンで乾かした。

針刺し自体はよくやるので、流血しても別に驚かないけど、

生地が汚れるのは勘弁。

汚れを落とすと言う工程が増えるんで( ´Д`)=3 フゥ

洗えりゃいいんだけどね、出来ないものとか困るからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください