ミシンが到着【ソーイング】

ミシン修理と言うか新品に交換でした。

雨の心配はあったけど丁度降りやんでた時に到着。

もうね、待ち遠しかったからワクワク。

取り出したら試し縫いした残布も一緒でした。

そして電源入れたら音が違うんですけど。

前のは到着した日に試し縫いした時もガガガって音がしてた。

今回はそこまで音が大きくなくて一安心。

 

早速、シャッペスパンとorgan性のミシン針で試し縫い。

する前に、別口で購入してた押え金が合うかどうか確認。

押え金自体が高くて取り付け自体出来なかったのが2.3個。

取り付けできてもホールの位置と針が落ちる位置が合ってないのが2個。

後は四つ折りで縫えると言うモノが全然使えなかった。

どう頑張っても取り付け不能で、現時点では使い物にならない。

それと、大の苦手の三巻縫いの押え金、今回も使いこなせず惨敗。

簡単にタックが造れる押え金みたいなものは微調整が必要。

現状、針は見事に押え金直撃してるんで(´・ω・`)

 

あれこれ確認した後にお待ちかねの試し縫いの準備。

下糸巻が思いの外、手こずった(ー’`ー;)

出だしで下手したら、ボビン以外に糸が巻かれる。

これは慣れが必要なんだけど、未だに難しい。

さて、自動糸調子は、今はまだ当てにならないと判明。

まぁこれ前のミシンもだけど下糸の巻きが奇麗に出来てないと、

上糸が強めになりやすく、縫い目が突っ張る。

 

とにかく縫い上がりは、ん~~奇麗・・・なのかな?

やはりフルサイズのミシンの影響ってハンパないのか、

それとも、まだミシンも使い手も馴染んでないからかな。

何であれこれから全機能使いこなせたら凄いんだろうけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です